リクナビ2018 リクナビ2019 

代表取締役 挨拶

 私たちの社会は、「安心・安全」なくして成り立たないと考えます。特に、身近に存在している道路、橋、トンネルといったインフラ設備や、各種工場・プラントの設備等が、安全に活用されていくことが必要です。そのために、新設された設備が設計どおりに造られているかだけでなく、既存の設備も安全に機能しているかの確認が必要です。現状を正確に把握し、維持管理していくための検査技術が、ますます重要になってきています。
 弊社は昭和47年11月の創業以来、主に鉄鋼構造物・機械・タンク・配管等を対象とする“非破壊検査技術”と、トンネル・橋梁等を対象とする“インフラ調査技術”を柱に、社会の「安心・安全」の防人としての自負を持って、お客さまの安心とニーズに最も適した業務提供のできる複合検査技術サービスの技術者集団として成長してきました。
 今後も、高度な技能と倫理観を持つ技術者を育成するとともに、新技術も積極的に導入し、これらの技術力で、社会の「安心・安全」に寄与していくよう頑張ります。
代表取締役社長  森本 量也