東洋検査工業株式会社
マイナビ2022 マイナビ2023

ニュース

日本非破壊検査工業会のフォト展にて優秀賞を受賞!

このたび、当社社長の森本が、一般社団法人 日本非破壊検査工業会が実施したフォト展に応募し、優秀賞を受賞しました。
作品は4枚の組写真となっており、和歌山市にある毛見隧道(けみずいどう)のトンネル点検の様子を撮影したものです。

このトンネルは、竣工が1925(大正14)年、延長が142mで、当時は県道として使用されていました。
現在でも一般道として通行可能となっていることから、タイトルも「後世に残したい卒寿トンネルの健康診断」としたそうです。

ちなみにこれらの作品は、7月24日から26日に開催されました「メンテナンス・レジリエンスTOKYO」の「非破壊評価総合展」の一般社団法人 日本非破壊検査工業会のブースにて展示されました。

 

フォト展

応募した写真は次のとおりです。クリックしていただきますと、拡大してご覧いただけます。
毛見隧道点検1 毛見隧道点検3

毛見隧道点検4 毛見隧道点検2

1DAYインターンシップを開催しました。

2019年7月15日(月) 13:00より、本社及び和歌山営業所の研修室にて1DAYインターンシップを開催しました。
今回は3回生と4回生の学生さん3名が参加されました。
インターンシップの内容は、非破壊検査業の概要説明及び非破壊検査の実作業体験です。
日頃目にしない装置を使い、戸惑いながらも、当社社員と和気あいあいと作業を体験していただきました。

1DAYインターンシップ及び会社説明会は、随時開催しています。
次回開催は8月22日(木)を予定しておりますので、ご興味のある方は、当サイトの「採用情報」の「応募・お問合せフォーム」よりお申し込みください。
お待ちしております。

1dayインターンシップ PT 1dayインターンシップ MT 1dayインターンシップ UT

展示会(メンテナンス・レジリエンスTOKYO)のお知らせ

2019年7月24日(水)~26日(金)に東京ビッグサイトで開催される「メンテナンス・レジリエンスTOKYO」に出展する2社に、当社から資料や機器を提供いたしました。

1つは「配管検査用ラインセンサ」の検査事例です。
「インフラ検査・維持管理展」の 浜松ホトニクス株式会社 殿のブース(ブース番号 W1D-28)にて、動画として御覧いただけるそうです。
当社は現在実用化の最終段階であり、近々業務提供が可能になると思います。

もう1つは「6チャンネルタンク側板連続厚さ測定検査」の探査ヘッドです。
「非破壊評価総合展」の 株式会社 KS-NET 殿のブース(ブース番号 W2M-33)にて、測定のデモンストレーションを御覧いただけるそうです。

どちらも、従来の非破壊検査では得ることが難しかった連続的なデジタルデータを得ることができます。

当社は非破壊検査業務及びインフラ調査業務において、新技術を積極的に導入し、日々技術・技能の向上に取り組んでおります。
ぜひ両ブースに足を運んでいただき、新技術をご覧ください。

イベントサイト URL
https://www.jma.or.jp/mente/